ヘッジはかける?かけない?

225オプション
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヘッジの重要性

皆さんはヘッジをかけていますか?

オプションでいえば売り買い・先物などを織り交ぜてヘッジをします。

オプションでヘッジをしないポジションの代表として、ネイキッドショート(単騎売り)というものがあります。

簡単に言えば、プット・コールを売るだけのポジションになります。買いはいれません。

オプション取引を続ける中で、ヘッジを無視することはできません。

お名前.com

ヘッジはしない方が儲かる?

ヘッジをかけないスプレッドといえば、ショートストラドルショートストラングルが有名です。

相場が膠着状態であることを期待して組成するスプレッドですね。

ショートストラングルを組むトレーダーさんは多いのではないでしょうか?

このポジションだけを見れば、ヘッジはかけていないことになります。

ショートストラングルにヘッジをかけたスプレッドをアイアンコンドルといいます。

はっきり言って、アイアンコンドルよりショートストラングルの方が稼ぎやすいと思います。

SQまで持ち込むことを前提として考えると、同じ金額を稼ごうと思う場合、ショートストラングルの方がファー(ATMから離れた)のストライクを選定することができるし、その分日経が到達しにくいメリットがあります。

アイアンコンドルだと買いのヘッジを入れる必要があるため、その分利益が減ります。しかも、ショートストラングルと同じ金額を稼ぐとしたらATMに近いストライクを選定する必要があります。

Xserverドメイン

ショートストラングルの方が良いの?

私はやりませんが、トレーダーさんの自由だと思います。

チャート分析から届かないであろうストライクを選定して、逆指値を設定して組成しているのであれば良いんじゃないでしょうか。

オプションの特性を考えて売りで挑むのも立派な戦略です。

ただ、個人的にはおススメはしません。

特にオプションを始めたばかりの人はやらない方が良いです。

今のような膠着相場であればタイムディケイにより利益を得ることができるでしょうが、相場はいつ急変するか分かりません。

ファーのオプションは、プレミアムが平気で2倍・3倍になります。その分、証拠金も上がっていき、資金管理も難しくなっていきます。

ファーを売っていれば、ほとんどは日経が到達(ITM)することなく利益になるかも知れません。

しかし、大きな損失になるのはITM(インザマネー)になることだけではありません。

このサイトでは何度も説明していますが、価格が大きく動けばガンマ・ベガが大きくなり、予想以上に含み損が大きくなってきます。暴落でIVが上昇することを考えれば、不安で眠ることもできないレベルになるでしょう。必要証拠金も更に跳ね上がり、苦しくなります。

そうなると、ITMにならなくても証拠金がパンクして強制決済を余儀なくされます。

結果としてSQ時にITMにならなかったとしても、損切りした後ではどうしようもできません。

じゃあピンチになる前に損切りしたらいいんじゃない?

そうなりますよね?

損切りの判断が難しい

これはショートストラングルに限ったことではないですが、オプション取引において損切りの判断はとても難しいです。特にショートストラングルは難しいです。

それはなぜか?

ヘッジをかけていない分、損益変化が著しいからです。

Xserverドメイン
スポンサーリンク

例えば、20円のオプションを売って40円で損切りすると決めた場合、頻繁に損切りすることになります。再度組み直しても、また損切りになることも頻繁にあるでしょう。

じゃあ損切り幅を大きくすれば良いのか?と言われると利益を得る観点から難しいものがあります。

しかも、我慢すれば利益になる可能性が高いという誘惑もあります。

相場環境は毎回違うので、それこそトレーダーの判断が重要になってきます。

ショートストラングルは初心者向けのイメージで見られることが多いですが、リスクがとてつもなく高い上に難しい判断が迫られるスプレッドだということを知っていた方がいいです。

しかもショート系スプレッドはタイムディケイの恩恵を得ることを目的としている(スマイルカーブ無視)人が多いため、長い時間ポジションを持つ必要がある分リスクも高くなります。

過去の個人ブログを見ていても、退場している人の大半がショートストラドル手法を用いています。

オプション戦略は個人の自由ですが、取引を行う時は最悪の事態を想定して行動していきましょう

私ならショートストラングルよりもアイアンコンドルを選びます。

アイアンコンドルを組むこと自体ほとんどありませんが、

  • 相場急変
  • 証拠金管理
  • メンタル面

を考慮したら、勝率は下がってもこちらを選択するでしょう。

逆指値を設定していたとしても、夜中に想定外の天災・人災があった場合に板が飛ばない保証はありません。

性格的にも、相場が気になって安眠できなくなってしまいます。

今回はショートストラドルとアイアンコンドルを例にヘッジについて考えてみました。

相場で長く生きていくためには、最悪の事態を考えて行動しなければならないと思います。

しかも、『最悪の事態』は自分が思っているよりも頻繁に訪れることも忘れてはいけません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました