ポジ決済でノーポジに(´▽`*)

ゆるくの雑談
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゆるくの雑談

ワタシがホールドしていたフルヘッジブルシンセ(プット売り+コール買い+先物ショート)は、金曜日のデイセッションで利確(全決済)しました。

11日 2月限オプションでポジション組成

12日 1月SQ後の噴き上げ時にコール側を一旦利確。再度ファーのコール買い。

15日 プット側を利確。再度ニアのプット売り。

22日 15日と同じでプット利確。更にニアのプット売り。

26日 利確(全決済)

26日(金)のデイセッションで日経が下落して3万6,000円を割り、先物が3万5,700円台のところで全決済をしました。

日経が下落したことでやっとプットが剥げてくれた形になり、含み損から含み益に変わって少し落ち着いてきた時でした。

利益は少ないですが決済をすることに。

その後も日経は下落してきて、ホールドしておけば利益は大きくなっていたのですが、未来のことは分からないし、「たられば」を言っても仕方ありません(;^ω^)

しかしナイトセッションに先物は上昇。

プットも盛ってきたので、やっぱり決済しておいて良かったなぁと・・・(;´∀`)

それはそれで再度ポジション調整をするか、損切りを決断するかというだけですけどね(#^^#)

ワタシがフルヘッジブルシンセを組んだ後も日経は暴騰したのですが、コールはあまり盛ってくれず。

スマイルカーブの性質上、基本的に先物下落の方が利益になりやすいスプレッドなので、コールが盛ってくれない以上は含み損になってしまいます。

先物の方向性は分からないので、基本的にデルタはニュートラル。

今回の場合、ワタシは日経が上昇したことで含み益になったオプションを一旦利確して、再度ポジションを組成しています。

コール側はファーに再度買いをいれ、プット側はニアに再度売りをいれてます。

もちろんこれは単なる一例に過ぎません。

含み益になったオプションをフリートレードやロングバタフライにして利益確保した上で、再度オプションを追加することもあります。

スプレッド自体を変更するという作戦もあります。

オプションっていろんなトレード戦略があって楽しいですよね(´∀`*)ウフフ

それでは、明日からもトレードを楽しみましょ~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

※サイトに訪問して頂きありがとうございます。

 応援してくれたら、とっても嬉しいです(*^▽^*)

 下にある【日経225オプション】ボタンの連打をお願いします(; ・`д・´)

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました